上杉 吉良

Add: ecetykec59 - Date: 2020-12-15 05:30:49 - Views: 6586 - Clicks: 563

吉良上野介は上杉家の大恩人だった! 忠臣蔵は、日本人好みの勧善懲悪物語である。 吉良上野介に貶められた主君浅野内匠頭の仇を討つため、赤穂藩家老大石内蔵助を始めとする合計47人の浪士たちが吉良邸へ襲撃を敢行する。. 叔父である上杉謙信の養子となり、米沢藩初代藩主となった 上杉景勝うえすぎかげかつ。 「越後の虎」と異名を持つ謙信の血を引く、景勝の子孫はどのような人がいたのでしょうか。 また現在もその血は受け継がれているのでしょうか。 今回は上杉景勝の「子孫」と「現在」について調べて. 千坂兵部【ちさか ひょうぶ たかふさ】. 吉良上野介の息子さんはなんで上杉の養子にいかれたんでしょう? もともと吉良と上杉が入魂の仲だったのか吉良のほうが上杉よりなんのかんの権力ある家柄だったんですか? 上杉 吉良 上杉の当主が病死して跡継ぎがいないのでこのままだと改易されます。当主の妹が上野介の嫁で手頃な男児が居たの.

See full list on dic. 吉良上野介と上杉鷹山は直接というほどの関係ではありません。 吉良上野介義央の子、 綱憲が米沢藩上杉家へ養子に入り第4代藩主となります。�. See full list on serai. 上杉氏と吉良氏の関係 1. More 上杉 吉良 videos. 当時の吉良邸には、諸説あるが『桑名藩所伝覚書』に「上杉弾正様より吉良佐平様へ御附人之儀、侍分之者四十人程、雑兵共百八十人程参居申候よし」とあるように、上杉家 (米沢藩)から220人ほどが派遣されていて、義央の警固にあたっていたとされる。.

徳川時代をつうじて、江戸城内での刃傷事件は9件。そのうち即日切腹の処分をうけたのは、内匠頭ひとりである。勅使接待という任にありながら晴れの日に騒ぎをおこしたことで、将軍・綱吉のはげしい怒りを買ったのだろう。 古来、刃傷の原因をめぐってはさまざまな推測がめぐらされてきた。もっとも有名なのは、賄賂を贈らなかったことに腹をたてた吉良が浅野をさいなみ、耐えかねて刀を抜いたというものにちがいない。これは水戸藩につかえた儒者・三宅観瀾(かんらん)が事件から10年以上のちに書きとどめた説だが、じつは「結局のところ不明である」という断りがついている。また、教えを乞うた吉良に謝礼をわたすのは、当時一般におこなわれていた慣習だった。もしそれがなかったとしたら、浅野側の手抜かりと言われても仕方ないところではある。 ほかにも、赤穂と吉良の領地がともに塩の産地であったことから、上野介がその製法を知ろうとして浅野が撥ねつけたとするものや、内匠頭の精神に遺伝性の疾患があったというものなど、諸説入り乱れている。が、裁きらしい裁きもおこなわれぬまま浅野が切腹させられたため、はっきりした原因は知りようがない。どの説も憶測の域を出ることは不可能なのである。. 大石のライバルキャラ。上杉家の家老。吉良家に派遣され参謀として務める。「智坂」とあだ名されるほどの知恵者。病気持ち。 浅野家の大石と対極に位置し、知恵比べを演出される好敵手。. 吉良上野介(吉良義央)さんの子孫はどれくらい現存していらっしゃいますか?上杉の家を継いだのが吉良さんの子どもだったのは有名な話ですが子孫の方は沢山いらっしゃるんでしょうか? 娘さんが公家の大炊御門家に嫁いで跡継ぎを生んでいるほか、上記の上杉家を通して秋月藩黒田家. 上野介のおもな領地は、愛知県の旧・吉良町(現・西尾市)。ここには現在も赤馬という郷土玩具がある。名のとおり、赤く塗られた馬の人形なのだが、これは上野介がそのような馬に乗り領内を見回ったという伝承にもとづくもの。同地では、黄金(こがね)堤という堤防(現存)を築いて治水に心をくだき、富好(とみよし)新田を開墾して収穫をふやす(塩田説も)など名君としての上野介が語り継がれている。もっとも、吉良家が討ち入りののち断絶してしまったため、公式の記録がのこっておらず、厳密にいえば、これらは上野介の功績として確証を得てはいない。 ただ、彼が茶道や和歌、禅にまで通じた文化人であったことはたしかである。そのイメージは、歌舞伎や映画の憎々しげな悪役とは重なりにくい。吉良町の伝承からは、領主が日本中から悪者あつかいされてしまった無念と、「名君であってほしい」という悲痛な思いを汲みとるべきだろう。 歴史上、悪人とされる者は数多いるが、吉良をはじめ、その大半は敗者である。フィクションとして楽しむのとはべつに、そろそろ汚名を着せられた人々に新しい光を投げかけてよいころではなかろうか。 文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう) 小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』、共著『決戦!桶狭間』、『決戦!設楽原(したらがはら)』(いずれも講談社)がある。. 「上野介」は通称であり、吉良の名は義央(読み方には、「よしひさ」「よしなか」の両説がある)という。寛永18(1641)年生まれだから、刃傷事件のおりは数えで61歳。吉良家は足利氏の支流にあたる名族で、石高は4200石ながら官位もたかく(従四位上。ちなみに、浅野は従五位下)、朝廷との連絡や儀式の運営・指導にあたっていた。このような人々を高家(こうけ)と呼び、上野介はその筆頭格である。また、夫人が米沢上杉家の出だったため、藩主が急逝した同家に息子が養子として入り、家督をついだ。15万石の当主がじつの子というわけだから、身分が高いだけでなく、つよい後ろ盾をもっている。かなりの実力者と見るべきだろう。 上杉 吉良 元禄14(1701)年3月、勅使(天皇からの使者)が将軍への挨拶に江戸城をおとずれる。上野介はその接待役である播州赤穂(兵庫県赤穂市)5万石の城主・浅野内匠頭長矩(ながのり。1667年生の35歳)を指導することとなった。同月14日、城内・松の廊下で、浅野がとつぜん吉良に斬りつける。この日は一連の行事もおわり、勅使が京へ帰るいとま乞いのため登城することになっていた。上野介は傷を負ったものの、いのちに別条はなし。が、浅野は即日切腹のうえ、領地没収を命じられた。この裁きを不服とした赤穂の浪人たちが、翌年の12月14日、吉良邸に押し入って上野介を討ち取るという流れになる。 余談になるが、「国史大辞典」(吉川弘文館)吉良義央の項には、「赤穂浪士に殺害されたことで著名」「浅野長矩の旧臣たちの襲撃をうけて殺害された」などと記されている。筆者自身、はじめて見たときには「殺害」という言葉の冷厳さに驚いたものだが、事実だけを述べれば、そういうことになるのだろう。脚色された物語と歴史そのものの距離を見せつけられた思いだった。. 上杉家と吉良家の関係は 三代上杉定勝の娘参姫が吉良上野介義央に嫁ぎその息子吉良綱憲が今度は4代上杉綱勝の養子に入り5代上杉綱憲となるのです 更に其の子上杉義周が今度は吉良家上野介の養子となり吉良家の家督を相続している この様に上杉家と.

松の廊下での事件後、上野介は高家肝煎の職を辞する届け出を3月26日に提出、8月13日には屋敷替えを拝命。12月11日、義央は隠居願いを提出し、孫の義周に家督を相続させた。その4日後、彼に運命の時が訪れる。大石内蔵助率いる赤穂四十七士が討ち入りをしてきたのである。吉良家に出入りし、上野介も師事した茶人に近づくなどして情報を察知した赤穂浪士は上野介を倒すべく邸内に乱入した。 上野介は義周や清水一学らの防戦の御蔭で炭小屋に隠れることができたが、間光興に槍で突き刺され、脇差を振り回して抵抗するも、武林隆重の剣に倒れた。享年62(満61歳)「霊性寺殿実山相公大居士」の戒名を与えられた。事件後、父の危機を見捨てるという恥辱に耐えた上杉家は存続するも、義周は改易された上に配流先で死去し、高家としての吉良家は事実上滅亡した。. 米沢藩上杉家とは 戦国大名の上杉謙信が祖。 越後守護代の長尾景虎が、関東管領の上杉憲政から家督を譲られたことから始まります。. そこで、本人が語る「上杉家から見た忠臣蔵」。尋ねるとこう返ってきた。 「全てがおかしいですよ。よく考えてもらえば分かることですが、吉良上野介が浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)を殺害したわけではない。. 吉良上野介の息子綱憲は上杉氏の養子になってた! 日本は血統を重視していると現代の人は誤解している感じがありますが、血の繋がりというよりは家が続くことを重視していると言う方がイメージに近いと思います。. 上杉綱憲(つなのり)と吉良義央(きらよしなか) 今から三百年の昔、寛文四年(1664)の六月は、上杉藩が三十万石 から十五万石に減封されて、お家の存続が成立したという一大異変 の時でした。 それは、上杉家第四代の藩主綱勝に世嗣がないままに急死したこ.

上杉謙信が小田原を囲んだけど落とせなかったのは何でか 、という話で思い出しましたが。 上杉謙信の子・景勝(養子ですけど)の子孫は、米沢で大名家として続きました。 その家系には、あの吉良上野介の血が入っています。. 米沢市上杉博物館 元禄赤穂事件の実態に迫る! 元禄14年(1701)3月14日、赤穂藩主 浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)が江戸城で吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしひさ)に切り付けた刃傷事件は、吉良義央や米沢藩にとって大変な災難. · 吉良家討ち入りのとき上杉が助けようとしたって本当ですか? 本当です。その理由は他の方々のおっしゃっているように、上杉家の当主・綱憲が吉良上野介義央の実子だったからです。米沢藩上杉家は初代景勝、その子・定勝と続いたものの、孫の綱勝が子供のないまま急死したことで男系が. 上杉家ととても濃い血縁関係となった吉良家でしたが、元禄15年12月14日、赤穂(あこう)浪士の討ち入りで絶望のどん底へ突き落とされました。 「忠臣蔵」は美談になってますけど、あれ、どう考えてもテロリスト以外の何者でもないですよ。4. 平成20年には旧吉良町で開催された吉良公毎歳忌に上杉家17代当主である上杉邦憲氏が初参列した。 u0007吉良・米沢親善交流盟約の調印式. このため上杉家は無嗣断絶の危機に立たされたが、綱勝の正室の父に当たる会津藩主保科正之が奔走し、綱勝の妹富子と高家の吉良義央との間に生まれていた当時2歳の綱憲を末期養子とすることを訴えて幕閣に認められた 。.

『吉良家日記』 - 義冬・義央・義周にわたる吉良家の日記。朝廷や殿中での作法なども記載。 『吉良懐中抄』 - 義央までの部分が、山鹿素行により書写され松浦家・津軽家などに伝わる。 『禁中式目』 - 上杉家に伝わる 。. 寛永18年(1641年)9月2日、高家(江戸幕府の儀礼などをつかさどる重職)で旗本の吉良義冬と酒井忠勝の姪の嫡男・吉良義央(よしなか、或いはよしひさ)として、江戸鍛冶橋の吉良邸にて生まれる。吉良氏は室町幕府を開いた足利氏一門にして、「御所が絶えれば吉良が継ぐ」と言われて将軍家が断絶した際の筆頭継承権を有するとされた名門であり、それ故に江戸幕府からも高家として重んじられていた。また、父義冬の実母が今川家の出自なので、今川氏真と北条氏康の娘・早川殿の玄孫、また武田信玄の傍系の子孫ある。 なお、明暦3年(1657年)12月27日、従四位下侍従兼上野介に叙任され、翌年の4月には上杉謙信の傍系の子孫である出羽米沢藩主・上杉綱勝の妹・富子と結婚し、上杉家との血縁関係を築く。 名家の血を引き、東北の雄藩上杉とも関係強化を果たした上野介は諸芸に秀でた若者に成人し、徳川家綱や後西天皇と言った公武の頂点に立つ御歴々に謁見するなど、高家御曹司としての才覚をいかんなく発揮した。. 吉良家にとっても、一人息子だったし、そもそも、官位からいえば、吉良義央は従四位上(島津・伊達並み)で上杉綱勝は従四位下だから吉良の方が上なのである。 だから、吉良が上杉に自分の子を養子に押しつけて乗っ取ったというのはおかしい。. その「吉良上野介義央」の息子「綱憲」が、上杉家へ養子入りして米沢藩主になっています。 今川氏真の妻「早川殿」は、「北条氏康」の娘なので、「吉良上野介義央」は「北条氏康」の子孫でもありますね。. 上杉17代当主・米沢市長・同市議会議長 上杉 吉良 米沢・上杉吉良温故交流会・田村家当主・一関市祥雲寺 伊那市利鏡様を語る会・横浜市蒔田の吉良歴史研究会 西尾市長・同市議会議長・吉良親善交流会会員等総勢100名. その後も上野介は自らの長男を上杉の養子にして御家断絶を防ぐなど人脈を作り、28歳で家督を相続して以降は朝廷への使者としての務めを果たし、優秀な実績を残す。貞享3年(1686年)、西尾藩と折衝の後、領地の三河国幡豆郡に黄金堤を築いた逸話は名高い。だが、後世ではこれらの行動すべてが裏目に出てしまう。 それは、元禄14年(1701年)3月14日午前10時過ぎの事である。以前から付き合いのあった播磨赤穂藩主・浅野長矩(3年前に吉良邸を襲った火事の消防指揮を執ったのが浅野)によって、勅使接待の指南役をしていた上野介は背後から斬り付けられたのである。背中と額に重傷を負った上野介は救出され、抜刀して暴れるという暴挙を起こした長矩は怒り狂った徳川綱吉の命令によって即日切腹、赤穂藩は取り潰しとなる。 この件について上野介は「拙者は恨まれることをした覚えはなく、浅野公の乱心でございましょう」と言った趣旨の発言をしている。.

吉良家の普請や買掛金は上杉家が負担するのが恒例となった他にも、毎年6,000石の財政援助が吉良家に対して行われた。 この負担の大きさに、上杉家の江戸勘定方・ 須田右近 は、米沢の重臣に宛てた書状の中で「当方もやがて吉良家同然にならん」と嘆い. 吉良家と上杉家の三重の縁 12月になると、テレビなどでは決まって「忠臣蔵」が話題となります。元禄14年(1701)の12月14日の深夜(15日未明)、旧赤穂藩浅野家の家臣47人が吉良邸を襲い、吉良上野介義央を討ち取ってから、今年は296年目となります。.

上杉 吉良

email: [email protected] - phone:(669) 349-5666 x 6841

戸田 氏 -

-> 料理 成分 表
-> 映画 ザマミー 呪 われ た 砂漠 の 王女

上杉 吉良 - イラスト


Sitemap 3

やられ たら やり返す 英語 -